ようこそ

その年読んだ本のベストテンです。

翌の読書手帖 http://asunaro-books.blogspot.jp/

その年に読んだ本ベストテン

1999年に読んだ本ベストテン

1 『ピリオド』
乃南アサ 双葉社

ピリオド
ピリオド
posted with amazlet at 14.10.26
乃南 アサ
双葉社
売り上げランキング: 1,519,642
女として、 なんかひしひしと胸に迫るものがあった。 現代社会小説。


2 『活字狂想曲』

 倉阪鬼一郎 時事通信社

活字狂想曲―怪奇作家の長すぎた会社の日々
倉阪 鬼一郎
時事通信社
売り上げランキング: 527,949
笑える。 マニアックな笑いかも知れないが。 エッセイ、自伝?


3 『白夜行』
  東野圭吾 集英社

白夜行
白夜行
posted with amazlet at 14.10.26
東野 圭吾
集英社
売り上げランキング: 21,268
あの『秘密』の著者が 更にテーマを掘り下げた一級ミステリ。


4 『すべてがFになる』
森博嗣 講談社文庫

すべてがFになる (講談社文庫)
森 博嗣
講談社
売り上げランキング: 191
理系マニアはハマる。 昨今流行の「キャラ萌え」、 そして本格。


5 『幽霊たち』 
 ポール・オースター 新潮社

幽霊たち
幽霊たち
posted with amazlet at 14.10.26
ポール オースター
新潮社
売り上げランキング: 214,947
まるで詩のような前衛小説。 なんとも言えない良い味。


6 『骨董市で家を買う』 
 服部真澄 中央公論社

骨董市で家を買う―ハットリ邸古民家新築プロジェクト
服部 真澄
中央公論社
売り上げランキング: 466,556
これは事実を小説風に書いたもの。 タイトルで買いました。


  7 『永遠の仔』
 天童荒太 幻冬社

永遠の仔〈上〉
永遠の仔〈上〉
posted with amazlet at 14.10.26
天童 荒太
幻冬舎
売り上げランキング: 89,778
社会派ミステリー。 人間の弱さも強さもこの一冊にある。


8 『日曜日の夕刊』
重松清 毎日新聞社

日曜日の夕刊
日曜日の夕刊
posted with amazlet at 14.10.26
重松 清
毎日新聞社
売り上げランキング: 127,795
短編集。 現代社会をうまく切り取って描いてくれる。 しみじみ。


9 『スキップ』 
 北村薫 新潮社

スキップ
スキップ
posted with amazlet at 14.10.26
北村 薫
新潮社
売り上げランキング: 536,094
北村さんらしい秀逸な、 時間に関する物語。 ラストがロマンチックです。


10 『MISSING』 
 本多孝好 双葉社

MISSING (双葉文庫)
MISSING (双葉文庫)
posted with amazlet at 14.10.26
本多 孝好
双葉社
売り上げランキング: 243,540
ミステリー短編集。 これはすごい新人がでた!


 番外 『清水義範の作文教室』
清水義範・編 ハヤカワ文庫

清水義範の作文教室 (ハヤカワ文庫JA)
清水 義範
早川書房
売り上げランキング: 285,867
笑っちゃう。 子供の作文(本物)が沢山読める。